Investment

日本株をメインとして外国債権・投資信託など、様々な投資についてのしがない戯言と日々のメモ書き。

◆ 意外と早い (amazon.com)

 前回の続報。

 日本時間で4/17にamazon.comで注文。
 発送しましたメールが来たのが4/22。

 到着したのは・・・4/28か4/29だったかと。(記憶が定かではない)

 なーんの問題もなくポストに投函されておりました。

 もちろん関税等も無し。
ほんとの戯言 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ amazon.com 初利用

 前回こいつを買ってから早1年。

 毎日1粒ずつ飲む生活を続けたが、とりあえず毎年ひいてた風邪は全くかからんかった。これは事実。

 さて、そろそろ480粒が無くなりそうな状態なんで、追加購入が必要な時期となりました。

 日本で代理店から買うと、10605円/240粒と相変わらず割高感がとんでもないので、今回も米国から直接買うことに。

 いくつかサイト回った結果、今回は米アマゾンから買ってみることにします。
 初めての米アマゾンを試してみたいという思いもある。

米アマゾン01

 さすがに、かなり安い。
 Pure Presctionsってな出店者で、$32.7/240粒。
 2つ買う場合で送料が$29で計$94.4だった。

 が、送料がちと高い気がする。

 で、今度は元の商品ページの4 new の所で、Pure Healthっていう店を選んだら、$31.15で送料$20で計$82.3 (約8000円弱)と割安に。

 購入決定。
米アマゾン02
 (適当に画像処理しました。)

 関税かかるかもよ?というメッセージが米アマゾンっぽいが、まぁ当然なので、気にせず「Place your order」で注文した。

 アマゾンだけあって、何も迷わずほんとに超簡単でした。

 上の画面だと、発送日が4/21 or 22ってなってるけど、その後の注文を受け付けました画面で、Estimated delivery:5/5〜5/14だった。

 さて、いつ頃届くかな?
ほんとの戯言 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ 粒のサイズ

 前回の続き。

 かなり粒がでかい。
 定規当てて測ってみたら、長さ20mm、厚さ8mmほど。

 最初数日は、飲もうにもすっとノドを通らず、何度か嗚咽することも。
 横向きに何かノドに引っかかる感じも気持ち悪かった。

 が、人間なれてくるもんだ。

 コツは口に含む水の量を少量にすること。
 多分、「少量の水+粒」だと、勢いよく飲み込めるんじゃないかと。
ほんとの戯言 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ サプリ

 2年ほど前から、サプリメントを飲み始めていた。

 と言っても、日々何個も何種も飲むようなマニアではなく、単にLIFE STYLEのマルチビタミン&ミネラルを、1錠/1日だけ。

 飲み始めて以来、これまで半年周期ぐらいでコンスタントにひいていた風邪にも縁がなくなったし、効果はあったのかと思う。

 先日、ふと2chを覗くと、何故かLIFE STYLEのサプリが2chでぼろくそに言われているようだった。結局、何故ぼろくそに言われているのか理由は全くわからんかったが、とはいえ火のないところに煙は立たずじゃないが、多少日々飲むことに不安を抱えてしまった。

 というわけで、ひたすらサプリについて検索。

 たどり着いたのが、Douglas Laboratoriesのこちら

 無農薬で、天然の素材から作っていて、多分チャイナフリーな事が選抜基準。
 あと、ビタミン・ミネラルの含有量もかなり多めなのが良い。

 ただし、値段が240錠10605円(1錠44円)なので、朝晩1錠飲むことを思えば、88円/日となりサプリとしては高いなと。

 と、その後さらに調査。

 結局、この商品は、日本法人がかなりぼっているので、直接アメリカから個人輸入するのが安いとのこと。

 個人輸入に怖さが無いと言えば嘘になるので、結構悩んだのだが、大して高額のものでもないし、betterlife.comから注文した。
UPX
 先週の日曜15日の夜に注文して、現地時間16日10:49a.m.(日本時間17日3:49a.m.)に発送完了メールが来て、今日22日に到着しました。

 240錠入りUS$60を2本買って送料US$13、計US$133。
 1ドルが手数料入れて95円だとして、12,635円。1錠あたり26.3円。日本法人から買うよりは、かなりリーズナブル。

 明日から飲み始めてみようかと思ってます。

 ちなみに、betterlifeで注文した後に知ったのだが、Dr.Mark'sブランドの同等品があるらしい。

 物は全く一緒だという話もネット上に転がっているが・・・実体はどうなんだろうか。
 上のサイトだと240錠でUS$35.55だから、送料にもよるが1粒あたり16〜20円ぐらいかと。

 今回買った480錠が無くなる1年後頃には、試してみようと思う。
ほんとの戯言 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ Orico Premium Gold iD

 Orico Premium Gold iDを作った。
 今後の我がメインカードにする予定。

 というのも、GEがカード事業+レイクを新生銀行に売却したかと思ったら、新生銀行がカード事業の廃止を決定したので、これまで使ってきたGE Money GOLDが今年秋頃までに使えなくなってしまうため。

 ちなみに、Premium Gold iDに決定するまで、何のカードにするかかなり悩んだのだが・・・まぁ詳細は割愛。

 Oricoのカードだと1.5%弱の還元率はあるのと、amazonの買い物でポイント優遇があるのと、せっかくなのでゴールドにしておこうというのと、S枠をある程度確保しておきたいというのと、年会費と還元率とのバランスが良さそうだ、というのがだいたいの理由。

 ちなみにS枠100万とC枠30万。

 Oricoは初めての割に、かなり大きな枠を頂けた。
 C枠は要らんって申し込んだつもりなのに何故かついていた。まぁええけど。
投資 > その他 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ 車に傷。(その3)

 年明けの状況を書き忘れていたので、続きを。

 1月6日か7日にディーラーから電話がかかってきて、代車を11日午前中に届けてくれるとのことで話をつけた。

 その話の中で、「軽自動車でよろしいでしょうか?」なんて聞いてきたのだが、そんなこと聞かれれば「絶対軽は嫌!」って答える訳だが、そもそもディーラーは何で聞くんだろうか。

 軽でよいかと聞かれりゃ、多くの人は嫌と答えるだろ、普通。保険会社から出る金が違うんかな?

 さて、11日。

 午前中に持ってくるという話ではあったが、時間はわからんとのことで、営業所出る前にケータイに連絡してくれるはずだった。

 こういう時間がわからんけど、電話をしてくれるのが解っている時って、何故かそわそわしてしまう。

 日曜なのにかなり早めにおきて、朝食食べてるときも着信可能なようにケータイの電波状況をチェックしたり、朝風呂に入っている時もひょっとしてかかってくるんじゃないかと湯船にゆったりつかれなかったりして。

 結果10時半頃電話がかかってきたので、結局はそういう朝の気遣いも無駄と言えば無駄であったのだが。

 こういう、事故が無ければ全くする必要が無い、無駄な作業・気遣いを被害者に発生させているんだということをもっと加害者は酌めと言いたい。

 日曜に、ゆっくり休むという事は priceless だろ!!

 さて。

 スズキのディーラーが持ってきた代車は、トヨタのパッソ1.0Lでした。ナビとETC付。

 実は、トヨタ車を運転するのは人生初、というのはおいといて、小型車も街乗りには全く問題ないというのが所感。
 さすがにアクセルべた踏みしたときのレスポンスの悪さには驚いたものの、50ccのスクーターみたいなもんだと妙に納得した。

 小型車だけあって、ゴルフバッグがそのままだと積めないので、後ろのシートを完全に潰す必要があるのが玉に瑕だが、燃費は約18km/L程と超良いし、次車買うときは小さめの車もいいかなぁと思ったり。

 エスクードの入院期間は最低1週間。
 部品取り寄せに時間がかかるようなら2週間はかかるらしい。

 また、進展あれば書きます。
| コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ 車に傷。(その2)

 事件の翌日、三井住友海上から電話かかってきたので、通いの正規ディーラーにて修理をお願いする旨を伝えていた。

 で、今日。

 ようやく太陽の下で傷ついた我が車を確認してみた。

 車の傷

 幅は大体1mぐらいに渡ってついていて、上部の塗装面が完全に剥がれている領域では、確実に凹んでいる。

 ディーラーへ持って行った。

 写真でいう所の下部の傷については、外して新品に交換することとなった。
 上部の傷は、車本体への傷なので、周囲の塗装を全て剥いで、凹み部を何か粘土みたいなもので埋めてから、再度塗装をやり直すことになるんじゃないかとのこと。

 結局、キレイに戻りますよ、ってな話だったので多少は安心した。

 当初気にしていた車の減価分は・・・という件についても聞いてみたら、こういう多少の擦り傷程度の物であれば、基本的に減価はしないらしい。
 もっと大きく追突された場合等で、骨格が歪むような事故の場合には事故車扱いとなり、売却時に確実に値が下がるそうだ。

 今後の流れだが、ディーラーが保険会社へ修理方針と見積もりを提示し、ゴーサインが出れば、実際に修理し始めることとなる。

 次の進展は年明け。


 事故られるの人生で2回目だが、やっぱ思う。

 面倒くさい手間を被害者は被ることになるにも関わらず、物的な修理費しか保険会社から弁償されないのは明らかにおかしい。

 被害者が被る時間的損失も弁償しろ!!
| コメントする (1) | トラックバック (0)

◆ 車に傷。

 今日夜、事故られてしまった。

 駐車場に駐めてた我が車。
 右隣の駐車スペースにバックで入れようとした車の左後方部で、我が車の右側、前・後扉部に渡って1m〜ほどの擦り傷を入れられてしまった。

 あー、めんどくさい。

 夜だったので、どこまでえぐられたかよく見れなかったが、塗装面は完全に剥がれて金属面が露わになってたような気がする。

 ディーラー経由で板金屋に流して、前後扉部の部分修理、あるいは、結構広域にわたっているので全面塗装かなぁと。

 部分修理でも10万以上。全面塗装するなら20万以上しそうだな。


 相手は任意保険は入ってたので、対物で修理費100%保険会社から出るのは当然として、気になるのは一点。

 自動車の減価分の補償。

 ネットで軽く探した結果、減価補償は修理費の3割が相場のようだが、日本自動車査定協会の「事故減価額証明書」を発行してもらって、保険会社と戦わないと減価分は勝ち取れないようだ。

 ま、車の専門家でもないし、減価額が実際どの程度なのかが分からんので、まずは保険会社と戦う為の情報収集をせなあかんのは間違いない。
 明日にでも保険会社から連絡があるんだろうな。

 とりあえず、明日朝、明るくなったら写真だけでも撮っておこうと思う。

 あー、マジでめんどくさい。
| コメントする (0) | トラックバック (0)
1/77 >>

67720