Investment

日本株をメインとして外国債権・投資信託など、様々な投資についてのしがない戯言と日々のメモ書き。

<< 定期預金解約 | main | 円安は進む・・・ >>

◆ 初、窓口での入金

 今日は銀行口座開いた時以来だと思うんだけど、窓口で預け入れ手続きをしてみました。少しまとまったお金だったってのと、窓口が少々暇そうだったので面白半分でやってみました。

 預け入れって、引き出すときと違ってめっちゃ楽! 名前と金額だけを用紙に記入して、後は通帳を添えて出すだけ。
 出した現金は、裏で機械にかけて何枚かはじき出された紙幣を蛍光灯にかざして透かしを確認してた。透かしを見たりするんだなぁと妙に感心した。さすが銀行!!

 ま、そのときすこーし不安だったんだけどね。もし偽札混じってたらどうしよう・・・

 あとは普通に通帳に記入されて通帳返却。ATMで預け入れることを思えば、何倍もの時間がかかってたと思う。もう多分二度と窓口入金なんてしない。とにかく面倒やねん!!
ほんとの戯言 | コメントする (0) | トラックバック (2)

◆ コメント

◆ コメントする

◆ トラックバック

「偽造大国」の実態 | ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険! | 2005/03/11 15:23
中国の偽造物は先日書いた「ニセ札」に留まりません。偽ヴィトン、偽シャネル、偽ロレックス。それから、CD、DVD、VCDの海賊版。本物を買うのがバカらしくなってくる程、偽物が溢れてます。そう、中国は「偽物パラダイス」。これは言わずと知れた一般常識。ところが、そんな常識をも超越した偽造。私が中国で一番...
中国の「ニセ札」事情 | ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険! | 2005/03/08 15:55
日本で騒がれている「ニセ札」。中国ではお店で100元札(中国で一番高価な札)を払うと、必ず札を日にかざして透かしをチェックしたり、検査器でチェックしたりされます。なんだか疑われているような感じですが、中国で「ニセ札」は一年中出回っている日常茶飯事。そんな偽造大国中国では「ニセ札」が発見されたぐらい...