Investment

日本株をメインとして外国債権・投資信託など、様々な投資についてのしがない戯言と日々のメモ書き。

<< セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド | main | 崖の上のポニョ >>

◆ toto BIG

 toto BIGの1等繰り越し当選金が60億円を超えていた。

 BIGのシステムをよく知らなかったこともあり、期待値がかなり良いんじゃないかと思って計算してみたが・・・

 組み合わせは14試合の勝ち・負け・その他の3パターンで、「3の14乗=4,782,969」通り。

 繰越金が1〜4等とも全く無い場合で、払い戻し率はちょうど50%。
 1等は、払い戻し額トータルの80%。

 仮にある1人が4,782,969通りの全ての組み合わせを購入していた場合、14億3489万0700円必要で、払い戻しは合計7億1744万5350円(内、1等は5億7395万6280円)。

 ここで、1等繰り越しが60億を超えている現状を鑑みると、1等払い戻しは上限の6億円になる。

 全ての組み合わせを購入していた場合は、1等払い戻しが2600万ほど増えるので、払い戻し合計は7億4348万9070円。つまり、払い戻し率は約51.8%。

 結論:1等の上限が6億円である限り、大したことない。

 ある1口を購入した場合、コンピュータの採番によりランダムに組み合わせが決定される。仮に4,782,969口購入したからと言って、全ての組み合わせを購入出来るわけではない。

 1口購入して当選する確率:1/4782969
 1口購入して外す確率:1-1/4782969
 4782969口購入して全て外す確率:(1-1/4782969)の4782969乗=0.368

 つまり、63.2%の確率で1等が1口以上当選し、36.8%の確率で1等が全く当たらない。

 となると、1等の期待値上限が6億で切られていると、なんかどんどん積立金が貯まっていくような気がしてしまうが・・・
 いや、2口以上当たる確率も全く当たらない確率と同程度あるはずだから、1等の期待額5億7395万6280円以上の上限がある限りはいつかは積み立てが0になっていくような気も・・・。

 統計に詳しい人、教えて下さい。

 何だかんだと書いたけど、今日ローソンで20口ほど買いました。
 期待値が51.8%しか無いと分かってたら、買わなかったかも。失敗。
ほんとの戯言 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ コメント

◆ コメントする

◆ トラックバック