Investment

日本株をメインとして外国債権・投資信託など、様々な投資についてのしがない戯言と日々のメモ書き。

◆ セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 最近は、あまり企業をいちいち精査するだけの時間が無いというのは言い訳ではあるが、長期的な資産運用という観点でのインデックス投資の価値は高いと考えるようになってきた。
 社会人となって、多少歳食ったこともあるのかもしれない。

 そこで。

 セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を積立投資し始めることにした。

 信託報酬は0.4935%/年。FOFだから実質は0.78%/年。
 日本のファンドの中では安い方だが、所詮FOFなので、仮にバンガードのファンドが直接買えるようになったり、あるいはさらに低コストなインデックス投信が出てくれば、そのうち乗り換える事ももちろん考えている。

 積立額は、非常に悩んだ。
 インデックス投資は、長期の数十年オーダーで考えなきゃ意味は無いので、まぁ無理なく投資できる額である必要がある。

 正直、よくわからんのだが年100万円ペースで始める事にした。
 (10ヶ月は8万円, 2ヶ月は10万円)

 20年で2000万円しか投資しないって、少ない気もするが・・・。

 年率5%でまわれば、20年後は約3300万。
 年率7%でまわれば、20年後は約4100万。
 年率9%でまわれば、20年後は約5100万。
 (おおざっぱ手計算 by excel)

 こんなもんなのかな。
 半年ぐらいしたら、ペースを見直すことにしよう。
投資 > 投資信託 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ 投信の分配金

 去年の10月に500万円ほど購入した、インベスコ欧州東方拡大株式ファンドであるが、6/22に決算日を迎えた。

 円安の影響もあって約35%ぐらい上昇してはいるが、だからといって分配金が3800円って多すぎだろう。

 いや、もちろん分配金を受け取る事は嬉しい事は嬉しいのであるが、株の売買と損益通算した方が得である(可能性がある)のに、10%の源泉徴収を強制され、分配金受け取った所で余り嬉しくない。

 何で、こんな分配するような投資信託が流行っているのか、ほんと理解できんなぁ。
投資 > 投資信託 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ マン・グローバル・マルチ・ストラテジー3

 ただ今、三菱UFJ証券で、マン・グローバル・マルチ・ストラテジー 償還時元本確保型ファンド3を募集している。

 3万ドルなら買ってもええかな〜と担当の営業に話はしていたのだが、目論見書とか諸々の資料は送付されてきていたのだが、目論見書の受領書・確認書・注文書の返送はまだしていなかった。それは、募集が来月下旬までだから、ゆっくり送り返せばいいやと思っていたから。

 昨日夜、営業から電話がかかってきて、送付したかどうかを聞いてきた。もちろん、まだ送付していないと言うと、何と月末までに欲しかったとのこと。
 どうやら営業成績に響くようだ。

 昨日は30日今日は31日だから、速達だしても間に合わない。

 ・・・

 昨日夜、わざわざ取りに来てくれました。
 車で1時間半以上かけて。

 ほんと、証券会社の営業って大変だな。
 大阪にいた時は、数十分程で営業が来てくれたから、今の田舎暮らしが特異なだけかな。
投資 > 投資信託 | コメントする (2) | トラックバック (0)

◆ JFアセアン成長株オープン

 最近はだいぶ市場も落ち着いてきて、我が株資産もトータルでは5%程度の下落で落ち着いたのでだいぶ平静を取り戻してきた。

 さて。

 先週中頃頃から、三菱UFJの担当者が「JFアセアン成長株オープン」を買わないかと勧めてきている。

 資料と目論見書にはざっとしか目を通していないのだが、ASEANの国々だけに投資するという考えは面白いとは思う。
 ただ、どの国にどれだけ配分するのかとか、あるいは各々の国の株価水準が現在どれぐらいなのか分からないので、もう少し調査したいかな。

 100万〜200万程度ならとりあえず買ってみてもと思ったりもするのだが・・・リスク資産になることだけは間違いないので余り馬鹿ほど突っ込む気にはならない。
 とりあえず本日かってくるであろう電話には、あと1日待ってくれとでも伝えることにしようか。
投資 > 投資信託 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ サザンアジア・オールスター株式ファンド

 新光証券から、「サザンアジア・オールスター株式ファンド」とやらが今月末に設定される。

 投資対象は、中国華南地域(香港周辺)と東南アジア地域(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムなど)。

 中国華南地域のファンドと、東南アジア地域のファンドに、各々40〜60%の割合で投資。

 まぁこの辺りは良いかと思う。
 中国本土の株は上がりすぎているし買う気がしないが、香港はまだ上値があると思っているし、東南アジアもまだまだ資金流入が続くんじゃないかと思っているので、ちょうど我が希望を満たす商品ではないかと思う。

 ただやはりコストが、高めなのが引っかかる。
 新興国向けの投信はコストかかるのは分かるのだが、信託報酬で全て含めて年1.613%〜1.737%らしい。あと、申込手数料はいつも通り3.15%。

 運用がどうなのかが未知なことと、やはり新興国は値動きが激しいこともあるので、あまり大量に資金を投下する気はないのだが・・・

 色々と考えたあげく、350〜500万ほど買おうかなと思う。

 資金の手当てとしては、加ドル建ての債券を1.5万ドルほど売却するのと、あとはチムニーでも1000株ほど売却して手当てしようかと思う。
 月末までに間に合わないかもな・・・。
投資 > 投資信託 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ インベスコ 欧州東方拡大株式ファンド

 来年1月に、保有中の豪ドル債券が償還日を迎えるので、どうしようか悩んでいた。

 何が悩むって税金ですよ。
 償還差益は雑所得の総合課税だが、中途売約時の売却益は非課税。この辺りの意味不明な税制はやめて欲しいもんだ。
 債券そのものの価格変動による売却益なんて殆ど0に近いけど、為替の利益もあるので、税率の高い総合課税がなされることは避けたい。

 色々と悩んだあげく、すべて中途売却することにした。
 税金がらみで次の確定申告で悩むの、だるいし。

 今日は仕事は休みだったので、新光証券の店頭に行って話をしてきた。
 現在地に引っ越して以来、担当者と面識が無かったので顔合わせぐらいはしておきたかったというのもある。

 2万豪ドルは円転、1.6万豪ドルは豪ドルのままで豪州不動産ポートフォリオを追加購入。

 あと、カナダ国債は再来年が満期なんだが、2.7万ドルだけこちらも円転した。

 その後円転した、420〜430万円で「インベスコ 欧州東方拡大株式ファンド」を購入した。

 拡大EU15カ国+ロシアの株に投資する投信で、EUの比率が結構高いと思って買った。東欧は西欧からの投資を受け入れてもっともっと伸びるはずだと踏んでいるので。
 だが、よくよく調べてみたら、ロシア比率が6割を越えてた。これはさすがにハイリスク過ぎるような気がしてしまう。

 怖い。

 ちょっと調べが甘かったなぁ。
 ある程度長期で持つつもりではあるが、値下がった場合に損切りする用意はしておきたい。

 話は変わって。

 新光の担当者さんと話してる中で、「IPOって分配してくれへんの?」って聞いてみたら、どうも事前連絡すれば分配してくれるような話だった。新光が主幹事の銘柄だと、ほんと頼めばOKみたいな感じだった。
 大阪にいたときの担当者さんに聞いたときは、出来ませんって言われた記憶があるんだが・・・何でだろ?

 最近は、確かに手数料はよく落としてると思う。今日だけでも20万弱ほど落としたことになるし、良いお客さんになりつつあるんだろう。

 今後良い銘柄が見つかれば、一度頼んでみようと思う。実際くれるんなら、もうちょっと資金移してあげてもいいなぁ。
投資 > 投資信託 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ 三井住友・グローバル好配当株式オープン(世界の豆の木)

 前々から気になっているのが、やはり資産の分散が悪すぎるんじゃないかということ。

 昨年までは中国株投信を持っていたので、そこそこバランスは取れていたのではないかと思うのだが、ここ最近は本当に日本株の比率が高すぎるんじゃないかと危惧している。
 海外の債券を若干持っているわけだが、債券を持っているだけだとインフレ率に勝つことは出来ないというのは定説。やはり長期で考えるならば、株を持たなければならない。

 しかし現時点で、海外の株を投資対象とする商品は全く保有していないのよね。
 やはりこのままではまずい。けど、海外の株なんてはっきり言って分からない。

 よって、債券よりは期待値が高くそして比較的低リスクな海外株式を投資対象とし、かつ手数料が安い投資信託はないかなとずっと探していたわけだ。
 結構色々と探したあげく、タイトルに書いた「世界の豆の木」という投信が良いだろうと判断し、今後買い付けて行くことに決めた。

 世界の銀行や公益企業の高配当株を主に投資する投信で、信託報酬は1.365%。
 Etrade なら買い付け手数料も1.05%なので、海外の株式投信で、アクティブ型の商品としては比較的安い方だろうと思う。

 毎月分配型な点はやはりあまり好ましいとは思わないのだが・・・まぁ仕方ないだろう。最近は毎月分配型だらけだから、毎月分配型を投資対象から除外してしまうと投信を選べ無くなってるしね。

 今のところ長期で持っても良いかと思っている事もあって、毎週5万円前後ずつ着実に買っていくことにした。

 5万円/週のペースで行けば、年間で250万円ほど。
 この程度であれば日本株で何とか儲けうるであろうし、また日本株を売却して海外の商品に資産を移しておきたいというそもそもの目的も兼ねさせたいので、あまり小さい額だと意味がないかなぁと。

 ただ一つの投信のみにつぎ込むのも少し怖いので、何か別の海外への投資商品を探して、もう少し上乗せすることも考えている。

 今後、毎週月曜か火曜に忘れずに買い付けていくことにした。早速、本日5万口購入。

 ま、今日書いた事の本質は、日本株比率が高すぎることが気になっているという点と、そして日本株の個別株を丹念に管理することが面倒になってきたので出来るだけ個別株から管理の楽な商品へと資産を移しておきたい、それだけ。
投資 > 投資信託 | コメントする (0) | トラックバック (0)

◆ インカム・ストラテジー・ポートフォリオ

 7月9日に軽く書いたが、新光証券でインカム・ストラテジー・ポートフォリオの購入を本日依頼した。

 40000米ドル振り込んだので、1口=7.5米ドル前後としてとりあえず4950口の購入になるらしい。まだ、購入明細が分かってないのであくまでも概算。

 1口当たり0.040〜0.044米ドルの毎月の分配金があるらしく、大体200ドルちょっとになるから税金引いて月2万円程度か。

 よっぽど運用成績が悪いようだと、5年後ぐらいを目処に他の商品に乗り移ることも検討しよう。

 購入を申し込んだ後で今更だけど、正直、そんなに好パフォーマンスを上げない気がするんだよなぁ。
 年1.5%程度は信託報酬で取られる事がかなり痛いんじゃないかと。低格付け債の米国債比のパフォーマンスの差は数%あると思ったので、1.5%程度なら十分に吸収できると信じたいのではあるが・・・
投資 > 投資信託 | コメントする (0) | トラックバック (0)
1/3 >>