TOEIC

 職場でも TOEIC の点数が取れないと出世できない世の中です。自分も点数低くてヤバイです...。
 そしたら最近高校の同窓生が TOEIC 対策本を出したとのことで、読んで見ることにしました。彼はTOEIC 900点勉強法というサイトの管理人なのですが、本を出版することになったそうで...。どんな本なのか気になる今日この頃です。
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

GSM と W/CDMA

 中国に行ってきた時、ソフトバンクの携帯電話だったのでつながるかどうか試してみました。GSM と W/CDMA 自動切換えだとうまくいかなかったのですが、GSMのみに設定するとうまく電話できるようになりました。中国移動 の携帯電話網を利用させてもらったのですが、さすがに低周波帯域をつかった第二世代携帯だけあって、通話圏が広い!田舎の畑のど真ん中でもどこに基地局があるのかアンテナ3本たってたりします。
 かたや日本で W/CDMA 通信やってると、都会のど真ん中でもアンテナが2本や1本に……。やっぱり 3G ってまだ基地局が少ない??(^^;)
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

毎日ゲームして数学の成績アップ

こんな記事をみつけました。

毎日ゲームして数学の成績アップ

毎日ゲームしていて、数学の成績がアップしたそうです。ゲーム脳とか批判されていましたが、いつのまにやら風向きが変わってきた??
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

コリオリの力

 3年ほど前、電車に乗っていた時、ある進学塾の広告で以下のような問題が載っていました。
地球の周りを回っている宇宙船の中にいる人が、地球めがけてボールを投げると以下の図の 1,2,3 のうちのどの軌跡を描くか?
Coriolis_effect_l.png
そして、正解は2であると下の方に小さく書いていました。
 しかし、この回答は厳密に言うと誤っています。
続きを読む>>
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

変遷する教科書

 教科書は時の時勢によってどんどん変わっていきます。歴史教科書もそのひとつですが、これはグーグルで検索かけたらいっぱいヒットします。しかし、変遷している教科書は歴史教科書だけではありません。技術を支える重要な学問である、数学、理科(物理、化学、生物、地学)もどんどん変わっています。
 理科の教科書でよく見かけたマーク。
resister.png
 そう、これは電気抵抗のマークです。しかし現在の教科書では
resister2.png
になっています。これは IEC (国際電気標準会議、International Electrotechnical Commission) にあわせてのことなのですが、この変更は非常に危険だと感じています。
 この記号の最大の問題点は並列回路に見えるということです。電気がそれなりに理解できている人なら、「短絡してる並列回路なんてありえないからこの記号は抵抗である」として勘違いすることはありませんが、中学生なら勘違いする可能性は大きいと思います。
 この記号の変更はなんとかならなかったのかなぁと思っています。
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

p波とs波

 p波s波と聞いて、ほとんどの人は中学校の理科で習った地震波を思い出すと思います。つまり、縦波で速く届くのp波と横波で強いs波の2種類の地震波です。それぞれ、第一波を表す primary wave の頭文字と第二波を表す secondary wave の頭文字です。
 ところが、光学でもp波s波という言葉が使われます。しかも、primary と secondary の頭文字ではありません。光は横波ですから、縦波と横波の違いでもありません。これは偏光を表すときに使われるもので、電界成分が入射面に平行 (parallel) なものをp波、垂直 (senkrecht) なものを s波と呼ぶのです。しかも、歴史的経緯から平行を表す parallel は英語ですが、垂直を表す senkrecht はドイツ語です。にもかかわらず地震波と同じ p と s の組み合わせになったのは偶然にしてはできすぎです。
 どうしてこの組み合わせになったのか理由が知りたい今日この頃です。
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

太陽系の惑星は8つに減らしたほうが

 yomiuri.co.jpの記事によると、冥王星よりも大きな太陽の周りを回る天体が見つかったそうです。新惑星か?と騒いでいるようですが、前もこんなことありましたねぇ。(^_^;)
 冥王星は小さく、カイパーベルトの星の1つとも言われていて公転面も他の惑星とかなりずれています。こんな星を惑星の基準にしていると、これからどんどん増えてしまう可能性があります。
 そこで、惑星は公転面がほぼ一致すし、大きな天体である水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8つだけにしてしまえばすっきりするんじゃないかなと思っています。
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

ペーパーレス

 ペーパーレス社会(紙の不要な社会)が到来するといわれてからも順調に紙の生産が伸びている。むしろプリンターなどの性能向上で良質の印刷物が誰でも手軽に大量増産できるからだろう。
 しかし、この電子ペーパーは、利用の仕方によっては紙の生産量に影響を与えるかもしれない。ディスプレイ装置でも紙のように見えるなら問題ないのだ。あとは解像度と大きさがなんとかなれば、近い将来電子書籍が主流になるかもしれない。ただ、推進者があまりに使いにくいものしか作れなかったら、しばらく紙社会は続きそうだ。
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

点線と破線と鎖線

点線 (てんせん) と破線 (はせん) と鎖線 (させん) ってよく似ていますが、どういう違いがあるのか調べてみました。

lines.png

概ね上のような感じになるようです。
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)

光の単位

 国際単位系の基本単位には、時間 (秒,s)、距離(メートル,m)、重さ(キログラム,kg)、電流(アンペア,A)、温度(ケルビン,K)、物質量(モル,mol) に加えてもう一つ、光度(カンデラ,cd) というものがあります。でも、この光度というのはあまりなじみのない人が多いため、どういう単位なのかあまり知られていません。
 そんなわけで、ウィキペディアの光度(カンデラ,cd)の項目や光束(ルーメン,lm)、照度(ルクス,lx)、輝度(カンデラ毎平方メートル,cd/m2)を執筆してみました。微妙な違いなので、一般の方でもわかるように例示を交えて書きました。間違いとかあったらお知らせください〜。
社会・経済 > 科学・教育 | - | trackbacks (0)