>> あったかいおゆがよういできるまでに。

マンガ喫茶で「学園アリス」とマツモトトモのマンガ見つけて読んでる時は楽しいなぁ!と思ってたんだけれど、朝の快速に乗って前に座ってる女の子を見てたら、自転車止めた所まで一人で歩いてたら、何だか寂しくなってきた。

今年最後の日で、夜明けなんだけど、
予報どおり雨が降ってきてるし、鞄に入ってる資料濡れちゃうし、寂しいのに「寂しい〜!」と言う相手いないし、元カノはもう好きでいるのやめようと決心したんだし、色々と自分がかわいそうに思えてきて。

でも、それを上から見て「自分を可愛そうがるのはやめい」とどっかのマンガで読んだような事を言っている自分もいることだし、今日一日は、とりあえず仕事に集中しようと思う。

K太郎にもメール送ったし、とりあえずは朝風呂で温まってから。

2005.01.02追記

・「学園アリス」→樋口橘@花ゆめ。 銑い泙覇匹鵑澄NHKのBS2でアニメがやってるらしい。(見たことない)
・マツモトトモのマンガ→「美女が野獣」の
・鞄に入ってる資料→池田さんのD論(ドラフト版)…研究室のみんなゴメン。
この日は2004年最後の忘年会で、男3人でがんこで鍋を囲んだりバーで2次会したり終電を諦めてマンガ喫茶で5時間パックしたりしてたのでした。

>> 2つめくらいの忘年会

行った店メモ。

ペリー(いくら丼) んまかった。めっちゃ安い。
バー Sakaguchi 美味かった。酒が驚くほどアルコール臭くないのが不思議。

>> 今まで大いなる勘違いをしていた

「名前は聞いてないわー。年齢と出身は聞いたけど。だってさ、名前わかってもそれだけじゃ話できへんやん。それよりも年齢と出身聞いた方が話しやすいよ。名前知らんくても話し方とかで大体思い出せるし。それにさ、名前聞いたら覚えなあかんやん。」

蓋し名言だと思った。

>> 当然のようにmoetan供幣紂砲鯒磴辰討い襪錣韻任垢

moetanIIうっかりしていて発売日(12/22)ゲットはできなかったものの、山田のBOOK 1stではちゃんと高校学参の所に平積みしてありました。moetan II 。(今オフィシャル見に行ったら、PVまで置いてある!)

発売前は、Webページ見て「何だ、流行りの(?)双子かい。」と思っていたのですが、買って読んでみたら双子じゃなかった。しかし片方は幼馴染。

ストーリー部分はいいとして、やっぱり楽しみなのは「例文」だったんですが、元祖もえたんと比べて「明らかにコレだろう!」と解る例文の割合が少なくなった気がしてちょっと残念。これは最近そっち方面の知識を仕入れる事を怠ってきたからなのか…

そんな中でもちょっと気に入ってしまったのが写真の例文(下のnationalの方)。こういう破壊力の高いのがたまに紛れ込んでるからmoetanはやめられない。(でもやっぱり英語の文章を覚える気にはならない:笑)

>> 中学生くらいの頃にドラクエのカンストが255であることの意味を知った

Googleで「ギャルサンタ」って検索しても255件しかひっかからないってどういうことですか。世間はもっとギャルサンタで溢れていると思うんですが。

>> 技術のエントロピーは増大する一方で。

核燃料再処理工場でウラン試験開始

朝のニュースを見てたらいきなりCG付きの解説が始まり、「うぉわ!チョップアンドリーチ法だ!パルスカラムだ!!」とちょっと興奮してしまった。でも NHKのニュースでは、アクティブ試験を始めたことよりも「六ケ所村の全ての家を訪問して想定される事故とその対応を説明して回りました」という事をやたらアピールしていた。

ともかく始まってしまったわけで、電力側としては例え『微妙ー』と思っててもMOX方向へ進んで行くのは避けられないんだろう。MOX高いけど。FBRでもMOXでも、新しい技術があれば「一回やってみたい!」と思うのが技術者の性だろうから、やいやい文句を言われながらも核燃料サイクルは進んで行くんだろうな。

ただ、「競争力」という観点から見たら、原子力の世界はあまりにもゆっくりしすぎてる。FBRにはもうちょっとムチャやらせてあげても損は無いと思うよ、日本。

>> だから僕は天才が好きなんだって。

理想の恋人像として、
・理系(できれば物理or数学に通じていて欲しい)
・ちいさい&&華奢
・かわいい
と3点ほど挙げてみると、どうやら第一の項目によるマスキングが相当大きいらしい。(とみんなは言う)

酷い話だまったく。

>> 原子炉主任技術者試験問題(第27〜33回)

炉主任やろうやろうと思って1年くらい放置していた炉主任過去問PDF化を気合入れてやる。
確か、東京に行った時に原子力公開資料センターでコピーしてきたもののスキャン。

第27回 原子炉主任技術者試験問題
第28回 原子炉主任技術者試験問題
第29回 原子炉主任技術者試験問題
第30回 原子炉主任技術者試験問題
第31回 原子炉主任技術者試験問題
第32回 原子炉主任技術者試験問題
第33回 原子炉主任技術者試験問題
2005年3月試験=第47回から推測するに1985〜1991年頃の問題だと思われる。古すぎ…

それぞれ、1.原子炉理論 2.原子炉の設計 3.原子炉の運転制御 4.原子炉燃料及び原子炉材料 5.放射線測定及び放射線障害の防止 6.原子炉に関する法令 という6部構成になっていて、3日に分けて筆記試験がある。(それに受かったら半年後くらいに口頭)
現段階では(1,5を除いて)全然解ける気配は無いんだけど、パラパラと読んでるとなかなか面白いです。この試験問題。第33回の6とか、穴埋めなんだけれど穴多すぎ。

因みにpdf置き場にしている"nucl.net"というドメインは研究室のM1が個人で取得してるもの。ステキだ。

>> 工業高校では回路理論+電磁気学+複素数が1冊の教科書に収まっているのか。

電気理論某電力から「電力会社の社員として、これくらいは4月までにわかっておいてくれ」と1冊の教科書が送られてきました。コロナ社!(笑)
専門が原子力で集められたので、電気の授業は受けてないという仮定になっているらしい。で、この教科書。よくよく見ると、どうやら工業高校とかで使われる教科書みたい。中身は
・オーム/キルヒホッフ
・電磁誘導がらみの電磁気学
・複素数(!!)
・交流回路
・3相交流
という感じの流れ。フェーザ法のために、いきなり複素数が間に挟まれているのがおもしろかった。まぁ何となくは授業受けた記憶があるんだけれど、学部の時にもひとつわからなかったのが「3相交流」。あれは何で3相にする必要があるんですか?

複素数未習が前提の教科書では当然微分も登場せず、微少量は全てΔで表現されていました。

>> タイトルん所の絵は。


ページのトップに書いてあるのは、いわゆる多群拡散方程式です。手書き。
ノートをパラパラめくってた時に思いついてスキャンしてみた。バー付きの文字はスカラで、1段目の式が漏洩・吸収量(左辺)=生成量(右辺)となっている。普通のバランス式。
炉物理ではΣを「中性子に対する断面積」という意味で使うので、僕としては和をとる時にSumって書くのが気に入ってる。

集合体均質化&拡散理論で進めてきた炉心設計も、あと10年後には非均質Pin by Pinになってるのだろうか。

>> 真賀田四季タン(森博嗣)はエロカワイイというのが定説のようですが

この前は数学の話題でしたが、こんどは 学力低下、理科も深刻 らしいです。まぁ数学ダメなら普通理科もダメだわな。

ただ、記事を読んでて残念だったのは
理数の勉強がとても楽しいと答えた小中学生はいずれも全体でワースト2〜4位だった。
っていう部分。嫌いなものができるはずもなく。

これを受けて今日のニュース番組で「ゆとり教育みなおし」「ある程度の基礎知識つめこみ教育は仕方がない」といった話が出てましたが、結局理数好きな子が増えるのが一番だと思う。(個人的には基礎知識があってこその理解、理解あってこその理数好きだと思うので、後者のつめこみ容認論はまぁわからなくもない)

でも、それよりも、理数のフィールドでのヒーロー/ヒロインがいない、いてもあんまりメディアに露出しないことは一因だと思う。
テレビは毎日スポーツニュース流してる時間があるなら、週2日くらいは理数ニュースの日にしてくれてもいいのに。
探せばきっと、素晴らしい理数系の才能を持ちつつなおかつカワイイ、みたいな女の子がいるはず。その子が色白でタレ目でちいさくて華奢で髪の毛短めか後ろで括ってるかしてるとなお良い。
[ 更

>> Volume ratioって、「レシオ」っていう響きが良いと思う

今日食べた食物のうち、体積割合で50%くらいがみかんでした。
白い繊維みたいなやつが少ない、素晴らしいみかん、熊本産。窓にくっつけておくと外気で冷やされて良い感じです。

>> 今日の論文

Kord S., et al., "Full-Core, 2-D, LWR Core Calculations with CASMO-4E", PHYSOR 2002 CD-ROM

この筆者、色のセンス悪すぎだと思う。
(つかCASMO-4EでFull-Coreをやってしまおうという所が漢気がある)

あと、「et al.」って何て読んだらいいんですか?いつも「えと・ある」なのかなぁと思いつつ読み飛ばしてるんですが。CASMO-4E

>> 研究室内ネットワーク整備

そもそも大学の1研究室ごときがグローバルIPを50個もガメてるんだから不足もするって話です。

それはそれとして、研究室の計算機ネットワークを作り変え。そんな楽しそうなイベントには当然参加するわけです。深夜12時スタートとかにもかかわらず。
30台くらいの計算機にグローバルを振っていたのをやめて、全部をルータ下に。
これで「工学部のサーバが死んでるから計算機使えへん!」状況はなくなるはず。
ついでに予算が余ってるようなので24ポート全口1000BASE-Tハブ×2を導入。贅沢!!(計算機自体のNICが100BASEなのに)

Linux系の設定にだいぶ慣れてきた頃に、UNIXにやられた。

>> 理数離れ対策にはカッコカワイイ女の子しかないんじゃないの。

12月に入ってから、朝日新聞で「理数離れ」系の記事を2本ほど目にした。
たとえば OECD学力調査 日本は数学6位 とか。

こういう記事を見ると、「昔はそんなに理数系が好きな子供が多かったんかいな」といつも思うんだけど、まぁ理科とか数学の学力レベルは確実に落ちてきてるっぽいから、理数離れは進んでるんだろうと思う。(塾の先生なんかはけっこう感じてるらしい)

「理数離れ」の原因の一つとして、絶対「理数系のクラス(学部)が男ばっかり」ってことがあると思うんだけどなぁ…
そこん所を上手く解決できないもんなんだろうか。