>> FX会社選び(外為どっとコム/FXCMジャパン)

「選び」と言っても、今使っている外為どっとコムの取引手数料が割高に感じてきたのでFXCMジャパンに乗り換えようかと思い、FXやってる2人に「FXCMジャパンはどうだろう?」というメールを送ったら…二人とも「お前が人柱になることを期待している!」という回答だったので、とりあえずデモやってみることにした。


<外為どっとコム>http://www.gaitame.com/
取引手数料:1,000円/1万通貨、日計りは片道無料
最小取引単位:1,000通貨単位
最高レバレッジ:10倍くらい
ブラウザ上での取引

<FXCMJ>http://www.fxcm.co.jp/
取引手数料:無料
最小取引単位:10,000通貨単位
最高レバレッジ:50倍くらい?
(デモ取引だと各通貨の保証金が全部20,000円/1万通貨になっていて、実取引では不明)
専用ソフトを使っての取引
※サーバダウン頻度高??

尚、どちらの会社も一応「信託保全」を謳っている。
で、ある時刻の取引レートやスワップ金利のスナップショットが↓。
(CAD/JPYは取り忘れたので略、EU/USのFXCM-Bidは桁設定ミスってて実際には1.2082)

FXrate.png
「取引手数料無料」のFXCMJは、どう考えてもスワップかBid/Askのスプレッドあたりでしか儲ける手段がないと思うので、Bid/Askはもっと大きいのかなと思いきや…外為とそれほど大きい違いはない。しかしスワップは流石に違う。FXCMJは売り買いのスワップ差で儲けてるのかな?GBPとかはけっこう売り買いのスワップ差が大きい。

FXswap.png
特に一番スワップの美味しいNZDで開きが大きくて、この差で計算すると2000/16=125日間で手数料2000円分が逆転する。レバ3倍くらいの外貨預金的な使い方なら、FXCMJよりも外為の方がお得かもしれない。
しかし、僕は「スワップ金利なんて飾りです!偉い人にはそれがわからんのです!!」というスタンスで行くつもりなので。


次にシステム面。
FXCMJは専用ソフトを使っての取引なんだけど…
FXTS2.jpgFXTS1.jpg

gaitame.jpg
(上:FXCMJの専用ソフト
 下:外為の画像チャート)

FXCMJの専用ソフトはちゃちすぎる!
VisualBasicでコンポーネント並べて作りましたよ、という感じが満載の画面で萎える。そしてこのソフトではチャートが見れない(たぶん)。

という訳で、今のところ使い慣れた外為どっとコムの画像チャートを使っている。ここの画像チャート、1つの通貨ペアのティック〜日足までを全部並べて見れるのは使い勝手が良い。(指値・ストップを入れる時に便利)

FX.jpg折角のデュアルなんだからこれくらいやらないと!(笑)


あと、注文方法でFXCMJには「トレイリングストップ」という外為にはない機能がついてる。→FXCMJの解説
これは便利そうな気がするなぁ。どれくらいの値幅で追っかけていくかはチューニングが必要だろうけど、外為の時は1日1回くらい自分で変更してたし。(笑)


FXCMJデモを2日間使ってみた感想:
・ロールオーバーのシステムについて:為替差益は決済した時に証拠金に反映されるが、スワップは毎日決済されているみたいだ。
・手数料無料なので、迷ったときはすぐに損切り/利確できる。次動き出したらまたポジション建てればいいんだから。これはかなり良い。
・逆指値入れるのが怖い!(笑):「逆指値」と明示して注文を入れるんではなくて、例えば買いの場合、現在のレートより高い値段を入れたらそれで逆指値になるんだけれど…株とかのイメージだとそれは「現在の値段で買う」ことになるから最初解らずとまどった。
・両建て不可っぽい。反対注文入れると持っているポジションが決済される。因みにFXCMJは「一人2つまで口座を持てる」としてるので、両建てしたけりゃ2つ持てってことなんだろうか。


口座開設したらFXCMJにちゃんとログインできるのでまたレポートとかの充実具合も調べてみます。これで満足か!?>slot&t-nig氏よ。

>> FX始めてから1ヶ月のまとめ

去年末から始めたFXが大体1月経ったので、ふりかえってみる。

元金30万円に対して、現在約+1万円。
今週はだいぶ円安に振れたのでこの利益になってるけど、先々週は−3万くらいになってたような気がする。

決済回数24回。(未決済3件)
取引通貨通貨別損益取引回数
EUR10,4182
EUR/USD1686
GBP-14,15211
AUD11,2013
CAD3392
GBPで負けすぎwww

ある程度大きく利益が出た取引を見てみると、大体「10日以上持っていた」という取引が多い。反対に大きく損を出した取引は「2〜5日間持っていたGBP」という取引が多い。(やっぱりGBPか…でもGBPで大きくプラス出したのもあるしなぁ)
新しくポジションを建てて1日の間に反対方向へ動き出したら損が大きくなる前に決済してしまうか、諦めて振り戻してくるのを待つかした方が良いってことか。
今後は「GBP建てて2〜5日目は損切り禁止期間!」としよう。(寧ろ同日中に損切りする方向で)


外為どっとコムでは支払った手数料の5%がポイントとしてキャッシュバックされるんだけれど、そのポイントが625ポイントたまっている。逆算すると…支払った手数料12,500円!高けぇ!!(笑)


とりあえず1ヶ月FXをやった感想としては、
「やっぱり株よりギャンブル性が高くて、やってて楽しい。でもまだ取引単位を増やすのは躊躇われる」。
結局これは、投資というより投機なんだろう。

>> 株、FX、そしてCW

「見切り千両」
という言葉がある。見込みがない時は損を承知で売ることが大切、と言っているんだけど、僕はこの「見切り・損切り」が全く持って下手。
FXではまだ逆指値を入れておけるので良いとして、株式現物での損切りはなまじ「この会社は良い会社だ!」と思って買っているるだけにとてもやりにくい。(通貨に対しては別に愛着がないから簡単なんだけど)

そして、先週からのライブドアショックを経験して「やっぱり株式相場の下落をヘッジする手段も持っておきたいなあ」と思って目をつけたのがカバードワラント(eワラント)だった。「eワラント投資講座〜16の活用法〜」で書いているように、相場全体が下げた時用の掛け捨て保険としてCWを使ってみようかと考えている。


ただ…

・商品設定はゴールドマンサックスがやってる(→GSが必ず儲けられるような仕組みになってるんだろう。そもそもFXみたいに売りと買いの値段が違うし。)
・日経225に対するワラントは豊富な一方、JASDAQインデックスとかに対応するのがない。(小型株好きのポートフォリオに対してはあんまりちゃんとしたヘッジにならない。大型←→小型と資金が移動するような時は特に。)
・総合課税らしい

あたりは気になる所。とりあえず口座開設してみようかと思ってE-tradeで資料請求中。

>> RubyスクリプトでYahoo!Financeの株価情報を取得する

(2007.03.05追記 デザイン変更のため使えなくなってます)

ここ最近の激しい値動きのせいで昼休みや帰りバスの中で株価チェックをすることが増えてきたため、サーバの方でrubyスクリプトを回して前場・後場終了後にそれぞれ持ち銘柄の株価を携帯にメールで送るようにしました。なんか僕が書くスクリプトってそんなんばっかりだな…

rubyはライブラリがすばらしく充実してるので、httpアクセスとかも適当に書いて動いてしまうところが素敵です。Yahoo! Financeの株価情報(例えばこんなの)を取ってくるためのスクリプトが
require 'net/http'

def get_yahoo(code) # -------------------------------
 code_str = 'q\?s\=' + code + "&d=v2"
 htmlbody = Net::HTTP.get( 'quote.yahoo.co.jp', code_str )
 html_lines = htmlbody.split(/\n/)

 while html_lines != nil do
  if html_lines[0] =~ /現在の日時/ then
   html_lines.shift
   break
  else
   html_lines.shift
  end
 end

 table_str = ""
 while 1 do
  if html_lines[0] =~ /\/table/ then
   break
  else
   table_str += html_lines.shift.chomp + " "
  end
 end

 rows = table_str.split(/<tr/)[2]
 cols = rows.split(/<td/)
 cols.collect! { |str|
  str = "<td" + str
  str.gsub( /<([^"'>]*|"[^"]*"|'[^']*')+>/ , '' ).gsub( /\s/, '' )
 }
 cols.delete( "" )
 return cols
end # -------------------------------------------------

みたいな感じで結構簡単に書けてしまいます。必要な値の探し方が強引とか言うな。後はこの関数の戻り値を適当に加工してメールを送信すれば、いちいち携帯でE-tradeにログインしなくても持ち株の終値が見れるよという、ただそんだけのスクリプトなわけですが。

今回はついでに現在の持ち株数もデータとして持たせておいて、最後に「評価額の前日比」を出すようにしてみました。(値動き×株数の和を取るだけ)
cronに放り込んでのテストも良好…っと。


メール受信:StockInfo

  [2353] 27,100 (-2,400)
   28,150 29,790 27,020
  [2738] 753,000 (-100,000)
   785,000 808,000 753,000
  [3735] 2,880 (-140)
   2,950 2,950 2,820
  [7421] 2,065 (-55)
   2,080 2,095 2,060
  [8872] 3,880 (---)
   3,880 3,930 3,840
  [9644] 955 (-20)
   970 970 948

  今日の値動き:-485,550

>> ブリジョン/恋の門

土曜日の夜は株も為替も休みなので、久々に炉主任の勉強を少しした後、ぽすれんで借りて溜めていた映画を2本続けて見た。

ブリジット・ジョーンズの日記
bridget.jpg
夜中に一人「ALL BY MYSELF」を歌いながらドタバタしているブリジットがオープニングから笑わせてくれた。サントラが欲しくなるなぁ。
基本的にブリジットのダメっぷりを中心に話が進んでいくものの、ブリジットを巡って争う男二人には「いやいや、元カノの方が絶対良いんじゃないの??」と問いたくて仕方がない。ファンタジーだ。


恋の門

原作は読んでないけど、漫画っぽい雰囲気の映画。
「ジャンルの違う男女のオタクが如何に歩み寄ることができるのか」というのが一つのテーマかと思いましたが、結局「女の趣味に合わせるのが無難」という結論なのかなぁ。この映画は「ヲタによるヲタのためのヲタ映画」だと思うので広く一般にはお勧めできませんが、見る人が見ればその痛々しさをも楽しめる筈。(笑)

koinomon.jpg主人公は女コスプレイヤー且つ同人作家という素晴らしい(笑)副業を持つOLと、石マニアの男(石で漫画?を作る)。
ヲタとしては、ストーリーの流れよりも寧ろ背景として登場する有明ビックサイトだとかレイヤーのコスが気になって仕方ありません。巫女コスとEVA制服コスは別ジャンルだと強く主張したいのは置いといて、右のシーンは終盤の話なんだけど、前半に比べて後半はやけにあっさり終わってしまったのが残念。


herlock.jpgそれにしても酒井若菜@ハーロックテラモエス。
「可愛い女は何をやっても許される」の典型例だと思います。エキストラとして出てるレイヤーとの差がすごい。


因みにこの映画はチョイ役がやたら豪華で、エンドロールに
旅館の親父:庵野秀明
旅館の女将:安野モヨコ
とか出てるのを見て思わずそのシーンを探してしまいました。しりあがり寿とかジョージ朝倉、内田春菊とかも出てるらしいですよ。顔知らんのでどれか解らなかったけど。

>> 1日で含み益2千円しか動かなかった

前二日間と桁が違いすぎる(笑)
まだ値動きの荒さは感じるものの、バルスの若干の値下がりとその他のある程度の値上がりが綺麗に打ち消しあって今日はほとんど変わらず。

今週は月〜金まで全て株の話題になってしまった。ライブドア恐るべし。

>> 1日で含み益40万戻した

陛下たん



こんな日にデイトレやってみたかったぁあぁあぁぁあぁ!
のはまぁ置いといて、パァァとかやってる場合ではなく問題はやっぱり明日な訳ですよ。明日も値動き荒いんだろうなぁ…
資産評価額が1月第一週の水準に戻ったのはいいとして、今週は激しく動きすぎて疲れる。所詮あぶく銭だとは言え、1日で月給以上の額が動くのは見てられん。


とか言っときながら 3735日立システムアンドサービス を1単位買っている件。
(ちゃんと日経反発を確認してからにしたらいいのに…)

>> 1日で含み益50万溶けた

http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1136861282/

これはこたえる。こたえるなぁ…
バルスがS安に張り付くとは。しかし、買いたい銘柄が山のようにあるのに金がねぇ!!バルス売りたくねぇ!!

2353.t.gifここの所値動きが楽しげな2353日本駐車場開発は、S高になるかと思いきやS安、その後プラ転するも結局陰線とすごい値動きだった模様。いつもは会社で昼に値段見るくらいだけど、今日はさすがに場を見てたかったなぁ。

さて、明日は。

>> 激しすぎる

ranking.png今日はよく下げた。というか下げすぎ。

昨日S高つけた2つの銘柄は、
・2738バルス:-92,000でS安一歩手前
・2353日駐 :一時+3000のS高に張り付くも、その後下げて+790で引け
という様子で、昨日から評価額が数十万単位で上げ下げしているので危なっかしくて困る。

個人的な見解として「バルスはしばらくすりゃ100万円台には乗るはず、日駐は高すぎる」と思っていたので、日駐を1/4程売った。今日は持ち株の中でプラス引けだったのは日駐だけだと思ったら…『値上がり率上位』ランキングに載ってるww

いつもとは桁が違いすぎる。


しかしバルスは「100万超えたら一部売却」と決心していたのに、今日の昼間に売り注文出せなかったのは欲が出てしまったからだな。これ以上下げると売る時期がだいぶ先に延びてしまいそうなので心配だ…

>> W

ranking.png持ち銘柄のうち2つがS高記念。これはなかなか珍しいんじゃないか。


しかし日駐はあんまり持ってないので、日駐株の増加分を全部合わせてもバルスの1株増加分+10万には届かないという罠。バルス高けぇ!!

因みに2353日本駐車場開発は東証1部とJASDAQに重複上場していて、JASDAQでは悪名高い(笑)マーケットメイク銘柄なので、こんな日には値段の乖離が

>> バラエティパック!

tirol.jpg土曜日は作業立会いのため休日出勤だったので、買出しをしてきた日曜日。寮にはほとんど食べるものがなかったのでとりあえずチロルチョコのバラエティパックを買った。

「きなこもちが入った!」とアピールしてるけど、何度食べてもあれはきなこと言うよりピーナッツバターの味しかしないんだが。

袋から全部出して並べて写真に撮ったけど、左半分の商品だけ入っててくれたらいいのになと切に思う。特にコーヒーヌガーは昔から「俺がいて当然」みたいな顔をしてのさばっているので困る。チロルコレクションによるとこの形になった最初のチロルらしいけど、もうそろそろナッツクランチ(1991発売)あたりに入れ替えてもいいと思うよ。


因みに30個入り300円のバラエティパックを並べたのに写真に23個しか写ってないのは当然全種類1個ずつ食べたからに決まっています。ミルクはなるべく最後までとっておいて食べる。好きだから。

>>

6 :名無しさん@5周年:2005/05/22(日) 22:35:17 ID:wC778UQw
飛車の左隣辺りに「妹」って駒を追加すればいいんじゃないかな
銀の妹だけど前に進めないの
ナナメにしか移動できないの
かわいい

かわいい!! かわいい!!!

>> どの通貨ペアを選ぶか。

FXで短期取引をやっていて思うのが、「なかなかプラス引けさせるのが大変だ」ということ。

為替では株と違って売り買いそれぞれに別のレートが表示されていて(当然取引しようとする者にとって不利になる方向に)、なおかつ殆どの会社ではそれに加えて取引手数料がかかるわけだから、「スプリット+手数料」というビハインドを抱えての取引開始となる。

短期ではこれがけっこう効いてきて、なかなか「ちょこちょこと稼ぐ」というのがやりにくい。

FX.pngそこで、見通しを立てるために各通貨ペア(EUR/USD以外は外貨/JPY)ごとに「スプリット+手数料」の価格に対する割合をまとめてみた。(「外為どっとコム」における1月9日のある時間でのBid価格等を基に計算。Swapは縦軸目盛と関係なく、定性的な傾向を示しているだけ)

FXでは「1万通貨単位当たり、手数料○○円」みたいになっているので、やっぱり1通貨当たりの値段が他の倍くらいある英ポンドは手数料的に有利な通貨だ。そしてNZドルは手数料が割高になるのは勿論のこと、スプリットが高い!!まぁあんまり流通してなさそうだし仕方ないんだろうけど。そして今まであんまり注目してなかった(笑)けど、ユーロもなかなか捨てたもんじゃない。

やっぱりNZドルはレバレッジ効かせた買い建てで金利差メリットを追求し、英ポンドで波に乗る…というのが一つの理想なんだろうな。難しい。

>> カリスマトレーダーへの道

年末にFXを始めて「5分足チャートを見ながらPDFのレポートを読みてぇ!!!」と思い、居ても立ってもいられなくなってデュアルディスプレイにしてしまいました。だって本とかで出てくるトレーダーって基本デュアルじゃない!(笑)

研究室でデュアルの快適さになれると、やっぱこれくらいあった方がいい。今回は流石に「縦デュアル」とかにはしませんでした。が、何かめちゃくちゃ安くできた気がします。
買ったのはディスプレイとグラフィックボード(とコンセント用の2又タップ)。
ディスプレイはDVI入力可能な17インチで探したら、GREEN HOUSE GH-ACG173SDVが送料込みで25000円。安!でも聞いたことないなこのメーカー。
グラフィックボードはロープロファイル対応のAOpenの安物Aeolus FX5200-DVP128LPで6000円。計3万くらいでデュアル環境が!

AGPスロットにAOpenのボードを挿したらオンボード1本、AGP1本でデュアルにできるんじゃないか…と思ってたけどAGPにボードが挿さった時点でどうやらオンボードのグラフィックが死ぬ模様。しかし、このAOpenのボードは安物&ロープロファイルながらちゃんとDVI&D-subでのデュアル出力をしてくれました。えらい!(ロープロファイル仕様なので、スロットの口の部分だけ2つ占有するのだけれど)

数時間使ってみた感じとしては、
・GREEN HOUSEの液晶は今まで使ってたBUFFALOのディスプレイと比べてそう悪いもんじゃない。寧ろ良い。
・ビデオカードは流石に安物で、mpeg再生でどうしようもなくカクカクなる!!→ビデオカードのDirectXを使わないようにして解決(全く持って「デュアルにできる」という意味しかないビデオカードだ:笑)
・DVIとD-subで色味がどうしても合わせられない→これは研究室の時もそうだったなぁ。ガンマ調整すればいけるんだろうがめどいのでパス。


肝心のFXはというと、負けてばっかりです。
1000通貨単位くらいで練習してるものの、数百円〜千円強の負けが7連続!自分が「こっちに動く!」と思った逆を行けばこれは勝てるんじゃないかと思えるほどの負けっぷりです。
デュアルにした費用3万くらいは稼がないと!

>> 久々にIPOを見てみようの会

久々に見たら4社のIPOが出てたものの…

IPO.pngラストリゾート(2470)→どうみてもFirefoxです。本当にありがとうございました。

ドリコム(3793)→社名が「ドリテク」っぽいのでなんかイヤ。

フェリシモ(3396)→で、やっぱり気になるのはフェリシモな訳ですよ。大体マザーズとかあんまり好きじゃないんだよね。東2ラブ。
 実家ではよく新聞に広告がはさまれていて、広告の作りは上手いなぁと毎回感心しつつ写真の女の子(いやこれが毎回毎回ツボをついた感じなんだわ)にちょい萌えしていましたが、投資対象として見た時にこの販売形態は今後拡大していけるんだろうか??
 大体、試着ができない通販という形でありながら、さらに自分でデザインを選べない(雰囲気は選べるものの決め打ちできない)っていうのはどう考えてもギャンブルでしかないと思うのですよ。…とは言っても「福袋」って売れるらしいからなぁ。理解できん。

今度フェリシモの広告が入ってたらもうちょっとじっくり見てみることにしよう。

>> 香川県でQMA3

4日は、昔からの友達と3人で「日帰りで香川まで行って讃岐饂飩を食べる」という暴挙に巻き込まれた。車出し&運転は僕なので企画を任せたら酷いことに…(笑)

こんぴらさん参りもセットでの企画で、行きは瀬戸大橋経由、帰りは淡路島&明石海峡大橋経由。1日の大半を車の中で過ごした感じだけれど、とりあえず宮川製麺所が素晴らしく美味かったのでよかったよかった。

で、この数日前に茨木のラウンド1でQMA3に嵌ってしまい、香川県で2箇所しかないQMA3も遊んできた。(宮川製麺所の近くにその片方があったため)
スポーツと芸能が難しくてたまらん。そして3人でやってやっと下から3つめの組くらい。上の組に行くと「正解はデフォ。後はタイピングの早さ」みたいな所があってキツすぎる。

>> 明けましておめでとうございます。

FX2.jpgFX1.jpg大晦日に買い物をした序でに本屋に寄って、FX関連の本を2冊買ってみた。

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法(山根亜希子、アスカビジネス)
通貨を読む―ドル・円・ユーロ・元のゆくえ(滝田洋一、日経文庫)

1冊目の「外貨で〜」の方は一通り読み、2冊目は読んでる途中。「外貨で〜」の方は知りたかったことがきちんと書いてあったのでまず満足した一方、FXについての考えを少し改めようかな、と思わされた。

AUDやNZDは確かに高金利なんだけど、買い建ててる時にもらえるスワップ金利は、冷静に考えてみると微々たるもんだ。(というかそれ以上に為替は動く)

今までは「長期的に見れば為替ってのはどちらに動くか解らないんだから±0になると考えて、高金利メリットを受け取ることを目標としよう」と考えていたけれど、為替相場に明らかな波が存在してるんなら、その波を少しでも乗りこなしてやろうじゃないか、と。

そう思わせてくれたのは英ポンドについての記述を見てから。
今までポンドのチャートや値幅なんて全然気にしてなかったんだけれど、
ポンドは激しく乱高下しますが、トレンドは見事にわかりやすいのです。一番わかりやすいといえるかもしれません。
(中略)
 ポンドは激しく動きますが、小刻みに迷ったような動きはせず、「ガンガンいったるでぇ」的な動きをするので、売買を「迷う」ことは少ないのです。
 リスクは、大きく動くため、自分の思惑がはずれた時に「損切り」する必要があるということです。

という所を見て、じっくり見てみた。

livedoorファイナンスでのGBP/JPYチャート(150日)

すごい…感動的だ。t-nig氏がポン様ポン様と熱をあげていたのも頷ける(笑)
ボリンジャーバンドとMACDがここまでアテになるチャートなんて、確かに株では考えられない。このチャートを見たために、一度「為替はテクニカル勝負」と信じて取引してみようかと思っている。次にGBPが上がり始めたら…1000GBPくらいから参入してみよう。うん。