>> 最近の漫画:『スイッチガール』あいだ夏波、他

『スイッチガール』あいだ夏波

マーガレット連載中。何となく買ってみたら、2回も読み返すくらい面白かった。主にバカ&エロの方面で。

女子高生・田宮仁香は、メイクと服をバッチリ決めた、人気者のカリスマギャル。しかし、その正体はだらしないオヤジのような女。つまり、ONとOFFを自由自在に使い分ける事で快適な日々を送る、所謂スイッチガールだった。

みたいな話なのですが、ON/OFFがどうこうこうよりもOFFのネタに気合が入りすぎていてそればっかり気になる。「ムダ毛抜いた時の痛い所マップ」とか「人が来た時に急いで隠したベッドの上」とか。

極めつけは下の「クリリンのことかー!!」カット(画像検索してみたら「クリリンのことかー!!」のコマ絵とは違うみたいだけど、こんなコマはどこかにあった気がする)。作者は割りとドラゴンボールとか好きらしく、よくCHA LA HEAD CHALAとかも出てくるんですが、このカットは編集に「ちょっと似すぎちゃったかなー?」と確認取ったら「そんなに似てないんでOK!」と言われたという絵。似てるってwww
とにかくこの漫画、話と話の間のページが面白くて堪らんので、是非ともコミックスで読むことをお勧めします。


くらしのいずみ』谷川史子

谷川史子は、線の細いタッチでネコ口の女の子を描く、それはもう少女漫画家の中の少女漫画家だと思う。この本は「夫婦モノ」縛りなんですが、ハツカレとかラブコンとかの高校生くらいの甘々な関係をそのまんま夫婦関係に持ち込んだ感じで・・・もうね、正直羨ましくてしょうがない訳ですよ。普段はちゃんと言わないけど、好きって言われて涙が溢れるとか。

とりあえず、傷口を広げるために今から『妻に「愛してる」と言ってみるスレ』を読んでくることにします。

>> 最近の本:『「婚活」時代』山田昌弘/白河桃子


「婚活」時代』山田昌弘/白河桃子

正月に読みました。
割と具体論が述べられてる本で、新書という位置づけも納得できるし、書いてることも真っ当だと思います。「男はとにかく入り口を入れる外見に!」「男は流される勇気を持って!」「女は自分磨きはもう十分だから、狩に出かけよ!」「女たちが希望する「ふつうの男の人」はとっくに狩られている」など、ちょっとしたブームになるだけのことはあります。が。

この本は具体的に攻めるが故に、たった一つ、「何で結婚するの?」という視点が抜けてるんじゃないのかと思います。
この本は、「結婚したくなった人」には有効でも、そうじゃない人を結婚市場に参加させるだけの力はなさそう。・・・そういう意味でも確かに「就活」とのアナロジーはぴったりくるんですね。そもそも、「したくない」人口の変化を追えない(追わない)のはなんでなんだろう。(失業者とは「働く意思と能力があるのに仕事に就けない状態にある人」を指すので、仕事探しをあきらめた人は失業者には含まれない:wikipediaより)


・・・で、まあそんな話は良いとして、今日PSの2月号を読んだら「恋活」という言葉に巡りあってびっくりした。(因みに、読み方はレンカツかコイカツか迷うところですが「こいかつ♥」となってました。)お前らは、やっと世間に普及し始めた(かもしれない)単語を既に進化させているというのか・・・小学館、恐ろしい子。

中身は、「男はあいかわらず草食男子ばっかりだし、女子も恋愛低体温女子が増加中。恋も活動しないと始まらない!?」みたいなノリ。恋活という割には既にカップルになった二人へのインタビューばっかりでしたけど。

>> 赤玉スイートワインは割りといける

酒屋で・・・というより、ほとんど日本酒しか売ってないようなスーパーの酒コーナーで国産ワインに混じって売られてるイメージが強い赤玉。飲んだことなかったので、「どうせデリカメゾンみたいな非道い味なんだろ」と高を括っておりました。昨日まで。

昨日、酒屋さんにワインを探しに行って「甘口の赤」という邪道なワインを探してたら、その中の候補に挙がってきたのが赤玉スイートワインだったんですよ。で、1,000円しないし・・・と思って買ってみたら・・・美味いじゃない!
要するにポートワインなんですね。ポートと名乗れないけど。なるほどなるほど。これは良いものを見つけた。

甘いにも関わらず度数はワイン並みに14度ある(ポートとしては低いけど)ので、「ワインはちょっと苦手で・・・」とか言うてる女の子を酔わせるのに最適だと思います。いや、そういう話じゃなくて、地方での調達性が良いという点は大変に評価されるべきだと思います。

>> 第参話:1/2λ、電波、重ねて

第壱話:寮の部屋にあるLAN回線からはssh等が使えないと解ったので、何とかしよう→Softetherか携帯/PHSのデータ通信かなぁ。/第弐話:Softetherダメっぽい(誤解)。auかwillcomで繋ぐ・・・となると電波品質だな。何、外部アンテナって自作できんの?→今ココ。

PHS用の外部アンテナが自作できると解り、もうなんだか通信がどうこうと言うよりアンテナを自作したくてたまらなくなったため、早速材料を揃えて3連休の最終日に作ってみた。

材料:同軸ケーブル5m(1200円くらい)、φ1.2mmポリエステル被覆電線10m(900円くらい)
道具:150mmノギス、ハンダコテ(実家から持ってきた)、テスター(探してもなかったので1,200円くらいのを購入)、研磨用スポンジ、後はカッターとかニッパとか。

で、作り始めたは良いものの「ハンダめっきしたものをカッターで0.1mm精度に揃える」ということが無茶苦茶に難しい。というか無理だろう、それ。
ある程度余裕を持って切断した上で金ヤスリで揃えていくのが精度を出すためには必要みたいだけど、残念ながら金ヤスリを用意してなかったので今回はプロトタイプとして精度には目を瞑ることにした。一通り部品を揃えたところで測ってみると、精度1mmも出てないんだが・・・まあいいか。


恐る恐る組み立てて、設置してみたところ。


そして、PHSにアンテナの結合部を近づけたり離したりしてみると・・・おお!微妙に電波状況が改善されている!ということは本当に効果あるんだ、このアンテナって。今回はものすごい低い加工精度で作ったけど、ヤスリとかそろえて気合入れて作れば(かつ、段数も上げれば)ちょっと使いものになるんじゃないか!?

そんな結果にちょっと嬉しくなりつつ、起動しっぱなしにしていたPacketiX VPNを切断して開いていたページを閉じ・・・ん?PacketiX VPNの公開サーバってもう一つあるのか。モバイル用じゃないサーバでもHTTPS接続・・・できるのか?→できた。
あれ、何これ。こっちだったら安定するじゃん。個人PCの接続だけだったらこれでも良いか。せっかくアンテナ作ったけど・・・

ということで、アンテナは作ったもののPacketiX VPNがある程度使えることが解ってしまったため、現状は必要な時にPacketiX VPNを起動してサーバに繋いでいる。現状の問題点は
・通信速度が400kbps程度しか出ない(VPNを噛まさないと3Mbps程度)
・他人のサーバを経由して通信するっていうのがなんかイヤ
・当初の目的「プロトコル制限なしのDHCP環境」は達成されていない
というところ。全部満足するような解決策はどう考えても「引越し」一択なんだが・・・

>> 第弐話:鳴らない、電話

第壱話:寮の部屋にあるLAN回線からはssh等が使えないと解ったので、何とかしよう→Softetherか携帯/PHSのデータ通信かなぁ。

Softether(は「PacketiX VPN」になっていた)のwebページを見ると、「HTTPS 通信しか通さないモバイル回線でもすべてのプロトコルを利用可能にする実験サービス」という謳い文句が現状に適切すぎたため、「MobileFree.jp」を導入。

噂に違わぬ手軽さで実験用公開サーバに接続してssh通信ができるようになった・・・ものの、全然安定しない。
「あぁ・・・やっぱりoverHTTPSじゃ安定しないよなぁ。」と諦め、携帯/PHSでのデータ通信に方針転換する。(この話、最終的にはこのPacketiX VPNに戻ってくるんだけど、この時はちゃんと確認しないで諦めてしまった)

基本的に複数台での同時接続を可能としたかったので、色々探した挙句PLANEXのCQW-HPMM-ERっていうルータを使えば、携帯/PHS回線にローカルネットワークをぶら下げることができそうだと発見。

あとは携帯/PHSキャリアだけど・・・SoftBankはデータ定額やってないしイーモバイルは完全圏外だしDoCoMoはWeb/メールだけとかいう制限があるっぽいし(これじゃ今の環境と変わらん)で残るはauとwillcom。

今の寮(割と人里離れた所に立地)はauのサービス地域はぎりぎり入るか入らないかという所。willcomは会社の外線として持ってる端末で試してみたところ、窓際でアンテナ表示が5本中1〜2本と極めて通信品質は悪い。窓から2m離れると圏外になる始末。

とりあえず、携帯端末で常時接続にするためには電波状況を改善することが急務だと解った。外部アンテナかー。昔、某氏が使ってたような気がするけど、データ通信に繋ぐコネクタを塞ぐのはダメなんだよなぁ・・・

2日間ほどネットで調べていると、どうもコネクタを塞がない外部アンテナがあるらしいことを発見。
ttp://homepage2.nifty.com/Skynet/
しかも自作マニュアルまで置いてある!
他のアンテナ自作サイト(ハム関係ばっかりだった)を巡って、要は1/2波長に揃えた同軸ケーブルを多段に繋げば増幅されるんだなとわかった時には、目的は「プロトコル制限のないネット環境構築」から「PHS用外部アンテナの自作」に摩り替わっていた。

>> 第壱話:涙

遡ること1週間。

新年のメールにリプライを返しつつ、nucl.net(このブログを動かしている)サーバにアクセスしようとした時、接続を拒否される。

あれ?
おかしいな。blogのcgiは動いているのに。sshdでも落ちてるんだろうか。
・・・ssh!?ssh!!まさか・・・!

悪い予感は見事に当たっていた。
年末に引越した新しい寮では、各部屋にLANのジャックがついており「インターネット」が常時利用可能とのことだったが、その「インターネット」が指しているのはどうやらhttp/https及びSMTP/POP等に限られているようなのだ。

ssh、ftp、IRC、IMAPからメッセンジャ系のソフトまで、悉くゲートウエイサーバで遮断されている。(無料で利用できることと、社内LAN回線を利用していることを考えれば仕方ない措置だとは思う・・・が、寮くらい別のネットワークにしてくれりゃ良いのに。)


これは困った。どうしようか・・・と考えて出てきた解決案は4つ。
1.電話回線のモジュラージャックもあるんだから、ADSLとかいけるんじゃないの?
2.nucl.netサーバにアクセスしたい時はネカフェにノートPC持って行く
3.Softetherで遮断される通信をhttpに偽装
4.携帯/PHSでの接続

サービス地域を調べて、1番のADSLはダメなことが判明。ダイヤルアップなら可能性もあるけど64kbps。2番も面倒。とりあえずSoftether入れてみるか。でもなぁ・・・Windows機だけじゃだめなんだよなぁ・・・と悩みつつ数日が過ぎた。

>> 新年になりましたので

年賀状を出したのは良いものの、出した後で「しまった、丑年なんだからbullishとか何とか書いときゃ良かった」と気づきました。

ただ、どう見ても2009年がbullishである要素が見当たらないんだよなぁ。

年明けに、上の絵を探すために『経済ってそういうことだったのか会議』を再読。やっぱり何度読んでも良書過ぎる。